フロアコーティングの施工方法

バナー

フロアコーティングの施工方法

フロアコーティングの施工方法は、自宅の状況や築年数、施工場所、部屋、家具や荷物の有無などに応じて作業を進めていきます。

・まず家具の移動から始めます。


中央区の貸事務所の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

荷物は傷つかないように一つずつ丁寧に移動してから作業を開始します。長時間移動する可能性の少ない冷蔵庫や食器棚、ベッドなどは動かす必要はありません。

土地活用と賃貸経営情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

なぜなら、その位置にワックスを施工してもほとんど意味がないからになります。

中古マンション投資に関する情報をまとめました。

また、その分施工面積を減らした方が、お値段もお安くなる施工方法です。

・次に養生です。
大切な家具や建具などにワックスや洗剤が付着しないように、必要な個所すべてに養生を行います。

港区の貸事務所の詳細は専用ホームページで紹介しています。

・それから床の下地処理です。
まず、床のへこみや傷の補修を行います。

新築の新しいフローリングの場合でも、床には傷や穴などが必ずついているほど、フローリングには一見見落としがちな傷や汚れが結構ついているものですので、しっかりと下地の処理を行います。

その後、床面をきれいにする下地処理のあとに、床の表面の汚れやほこりを取り除くクリーニングをし、必要に応じて、ワックスの剥離、調整作業行います。

賃千代田区の貸事務所の有益情報を見つけよう。

・最後に下地処理とクリーニングをしてから床面をよく乾燥させてから、フロアコーティングの塗布作業を開始し、下塗り、中塗りをして、ワックスで仕上げます。3~5層にも渡って丁寧に塗布します。

これが光沢性、耐久性に優れたフロアコーティングの施工方法です。




Copyright (C) 2015 フロアコーティングの施工方法 All Rights Reserved.